メニュー

手足口病について

[2017.07.12]

こんにちは(*^^)v

新小岩駅徒歩1分にあります新小岩すばるクリニック耳鼻咽喉科です。

 

夏かぜの代表疾患であるヘルパンギーナ、手足口病、プール熱のうち、手足口病が全国的に大流行の兆しを見せていると、最近ニュースで報じられています。

そこで、今回は手足口病についてお話したいと思います。

 

手足口病は、口腔粘膜と四肢末端に水疱が生じる疾患です。流行のピークは夏季で、乳幼児に好発します。原因となる病原ウイルスが複数あるため、再発することもあると言われています。

 

症状は、発熱と口腔・咽頭粘膜に痛みを伴う水疱ができ、手足末端、肘、膝、お尻などに水疱がみられるのが特徴です。発熱は余り高くはならないことが多く、1〜3日で解熱します。まれに髄膜炎や脳炎などの合併症が起こる場合があります。

有効な治療薬はなく、対症療法となります。

 

感染経路は飛沫感染、接触感染、経口(糞口)のため、手洗いをしっかりする、排泄物を適切に処理する、タオルを共用しないといった一般的な予防法を行う必要があります。

ワクチンはありません。

登校(園)は、全身状態が安定していれば可能です。

 

葛飾区、江戸川区でも流行していますので、皆さんご注意ください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME